オステオパシーとは

 オステオパシーについて

 現在日本において、オステオパシーが広く認知されている状況ではありません。ほとんどの方がオステオパシーという言葉を初めて聞くのではないかと思います。

 オステオパシーはアメリカをはじめ海外の多くの国で、正式な自然医学の地位を確立しています。

 1874年にアンドリュー・テイラー・スティル(1828-1917 下写真) というアメリカ人医師が、長年の研究を経てオステオパシーを世に発表し提唱された医学と哲学です。その当時の医学会は、オステオパシーを異端として強く非難されました。

 

CE11E936-07DD-4763-A629-EDDCAFC0C16C.jpeg

 アンドリュー・テイラー・スティル M.D. D.O. 1828-1917

 スティル先生はご自身の子供3人を髄膜炎で亡くすという悲劇を経験し、当時の医学に疑問を抱きつつ、人体の持つ自然治癒力や自己調節機能、自然科学などに着目し長年に渡り研究を重ねご尽力されました。

  中でも人体を構成する骨や筋肉、靭帯、内臓、神経、血管などの構造と、その働きには密接な関係がある事に気がつき、解剖学、生理学、病理学を基にオステオパシーを考案しました。

 アメリカ全土からカークスビルのスティル先生のもとに患者が集まり、その功績によりカークスビルに最初のオステオパシースクールが設立されました。現在アメリカでは29校のオステオパシー医科大学が存在し、ドクター・オブ・オステオパシー(Doctor of Osteopathy)の略で『医師』の権限が与えられ、全ての医療行為が認められています。

 それ以外の国では、ディプロマ・オブ・オステオパシー(Diploma of Osteopathy)の略で、主にオステオパシーカレッジが独自の資格を設けています。

 100年以上前からオステオパシーは発展し続けており、解剖学や生理学または病理学などのさまざまな基礎医学や科学的根拠に基づく伝統的手技療法でもあります。  

 

34443A86-1BF0-4564-A8E6-750443377461.jpeg

 

 

 オステオパシーの基本的な概念として代表的な原則があります。

 
 ❶身体は一つの単位(ユニット)である。1人の人間とは身体、心及び精神の単位である。
 
 人間の身体全体を一つのユニットと捉え、骨や筋肉、内臓、神経や血管など様々な器官が互いに繋がり合い協調して働いていると考えます。決して症状のある場所だけが原因ではなく、全身を診て原因を探し出し施術を行います。また三位一体となって調和していると考え、様々な背景との関係性も考慮していきます。

 

 ❷身体は自己調節、自己治癒、健康維持能力を持っている。
 
 もともと身体には完璧な健全システムがあると思ってください。人間である以上、受胎してから様々な出来事(事故や怪我、手術、心理的な出来事、遺伝的な事、環境やストレス)によって、そのシステムの働き(治癒力)を弱らせてしまうブロックが生じます。この健全に働くシステムがブロックの数や力によって、器官や組織の動きが妨げられているている身体を施術により取り戻し、人間の本来持っている自己調節する機能を取り戻すサポートをしていきます。

 

 ❸身体の構造と機能は相互に関与しあっている。
 
 「身体の体液や血液、神経、内分泌などの働きや動きなどの機能低下」、または「骨格や筋、神経系、血管系、リンパ、内分泌腺、内臓そしてそれらを支持して包む膜組織などの構造の障害」などお互いの問題によって身体の機能が妨げられてしまった場合に、病気や障害、痛みなどが引き起こされると考えます。これらの身体の機能や構造は単独で考えず、お互いに調和が取れる事が自己調節には必要だと考えられます。

 

 ❹合理的な治療は身体の調和、自己調節、および構造と機能の相互関係の基礎的原理に基づく。

 

「身体―心―精神」も含めた全体性のバランスが重要と考えます。合理的な治療はこれらの身体の調和や、自己調節、構造と機能の相互関係のもと成り立つという事です。

 

 

 オステオパシーの適応症       

  オステオパシーは全身を施術対象とします。それぞれの器官(筋骨格系、内臓系、血管やリンパ系、神経系、頭蓋など)に対してアプローチが出来る技術があります。比較的に柔らかい手技によって矯正やリリースしていく為、多くの方は寝てしまう様な手技です

 場合によっては性格や症状、年齢を考慮して瞬間的なテクニックまたはパーカッションハンマーという振動する器械を使用しますが、一方的に無理やりボキボキ鳴らす様な施術は行いません。全ての手技において、患者さんの組織の弾力やバリアを尊重しながら、安全に施術を行います。

 

60406E75-60FA-4D6D-AE0C-31DBAB7FEC6B.jpeg

 

 以下に国内・国外でオステオパシーの適応とされているものの一部を記載します。参考にしてください。

運動器)

外傷またはその後遺症、関節の疼痛、交通事故による後遺症、スポーツ障害など

 

(神経系)

手足のしびれや頭痛、歯の痛み、耳鳴り、不眠、めまい、更年期障害。

 

(消化器系)

便秘、下痢、胃腸のトラブルなど

 

(婦人科系)

不妊症、産後のトラブル、生理痛、PMSなど

 

小児科系)

てんかん、小児ぜんそく、夜尿症、発達障害など

 

(その他)

喘息やアトピー、その他アレルギー疾患など

 

 オステオパシーでそれぞれ快い変化が期待できる適応症は多岐にわたります。是非ご相談ください。

 (※ご注意)オステオパシーは日本においては、残念ながらまだ医療と認められておりません。 そのため重篤な疾患をお持ちの方、または内科的な疾患や婦人科系の疾患または感染症などで検査や投薬が必要な場合は、必ず適切に医師の診察や検査をお受けください。医師の診断のもと、代替的にオステオパシーを受けて頂く事、または当院に相談いただくことをお勧め致します。  

 

 A76826B8-F14B-401D-954D-BE4AF8E5E19B.jpeg

  っくり予約制の施術なので仕事、子育てなどで治療時間の確保が難しい人にもおすすめいたします。 

 ※ 安心してオステオパシーを受けていただくために、お一人で不安な方は家族やお友達同伴での来院を勧めています。特に初診時は不安も多いと思いますので、そのような方はその旨を予約時にお知らせください。

 テレビや本などがある畳の待合室があるので同伴の方もゆっくり待って頂けます。

 

 オステオパシー施術時の注意事項です 

  1   初診時は受診前に問診票の記入をしていただきますので、予約時間の10分前にお越しいただきますようお願いいたします。 

  2 身体を締め付けない動きやすい楽な服装でお越しください。もしくはお着替えをお持ちいただいても構いません。お忘れの際は貸し出し用のお着替えをご用意しておりますが、数に限りがございますのでご了承ください。 

  3 ボディースーツやガードル他身体を締め付けるものは治療中と治療後ともに身に付けないようにしてください。 

  4 出来るだけヒールが高くない靴でお越しください。 

  5 申し訳ございません。このような方はお引き受けできないかもしれません… 

 ※揉んで欲しい、ボキボキ刺激が欲しい、マッサージの強い刺激が欲しい方

   ※無断キャンセル何回も繰り返す人(やむを得ず遅れる場合はご連絡ください)

 ※また1回きりの治療ですべてを解決して欲しいと思っている人

 

 バキバキして欲しい人や強いマッサージや指圧などをして欲しい人などかなり強い刺激を求めている方は、当院はお勧め致しません。そのような方はご理解の上、施術を受けてください

 

 来院回数の目安 

 

 457B3248-783C-4E14-B9F0-11902461B5A1.png

  症状次第ですが初回施術から3回までは、間隔を空けても1週間以内に施術を受けて頂きます。 ブロックの力が大きかったり、複数ある場合は変化するまで少しお時間掛かるかもしれません。

 それ以降は症状が落ち着いていたら、治療間隔を伸ばし月に1〜2回程度のメンテナンスでもお気軽にご来院頂いております。 

   目標は、まず自己調節機能が働き出す身体に戻す事にあります。 

  そのために初回から3回目くらいまでに、原因となっている過去のケガや障害の施術を詰めて行います。 

  その後ももっと元気な身体を目指したい人は継続して次の治療計画に進みます。